社会保険とは


労働者たちが安心して仕事ができるように作られた保険が雇用保険や労災保険です。
社会保険は健康保険と厚生年金保険の二つに分類されます。

健康保険はご存知の通りとおり医療費などを一部負担してくれる保険です。
厚生年金保険は障害などで働くことができなくなった場合、老後働けなくなってから、または死亡した場合などに支払われる保険です。

健康保険と厚生年金保険の保険料は、私たちが受け取る給料の額から決定されます。
給与の多い人がより多くの負担をする形になるのです。

保険制度が公的と言うことで安心感が得られると言うことでしょうか?
しかし今では健康保険、厚生年金保険の未払いがフリーターなどを中心に多くなり、そのしわ寄せが支払いを受けている保険加入者にいってしまいました。

その状況により独自に貯蓄し、自分の力で老後の生活のための準備をする人も出てきてしまいました。
老後に向けの投資商品なども出てきたために保険制度自体を見直すような事にもなってきています。

未払いを減らすために各地方自治体などがアピールをしているようですが、具体的な解決には向かっていないようです。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。