国民健康保険とは


社会保険の中でも健康保険は負担をしてくれる保険です。
その中でも職場などで編成されている被用者保険に加入していない人のために用意されているのが国民健康保険です。

国民健康保険は住民登録のある市町村など地方自治体で加入が義務づけられている保険です。
国民健康保険法という法令に基づき運営されているのが特徴です。

主な対象者は会社を退職し無職になった人や自営業など費用保険に加入できない人たちです。
費用保険に入れない人たちは国民健康保険に加入することが義務づけられています。

国民健康保険に加入すると市町村から保険証(被保険者証)が渡されます。
医療費の自己負担が3割で済みます。

そのほかにも出産育児一時金や葬祭費なども支給されるようですが、これらは被用者保険の内容と比べてしまうとサービスは悪いようです。

強制加入ですが、被用者保険から抜けたら自動的に加入になると言ったわけでもなくそのまま生活できてしまいます。
そのあとで病気になってから国民健康保険に加入するとなると少々やっかいです。

被用者保険から外れて無保険になった日までさかのぼって保険料を計算されて請求になってしまうのでとんでもない金額になってしまう場合もあるからです。
なので、国民健康保険に加入する際は早めに申請するようにしましょう。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。