国民年金が払えないとき

国民年金を受給するには最低で25年は加入している必要があります。
国民年金を払う余裕がない人はどうしたらいいのでしょうか?
(国民年金なんて当てにしていない人々は仕方ないにしても)

国民年金は一ヶ月一人13,860円です。
これが平成29年まで毎年280円ずつ引き上げられる事になっています。

収入の少ない人にとっては非常に厳しい状況になってくるのです。
失業中ならなおのこと、国民年金保険料の負担を強いられてしまってはひとたまりもないでしょう。

保険料の支払いを滞納してしまったら年金加入期間が算出されなくなってしまいます。
老後の受け取れる年金の金額が減少してしまうのです。
そこで、国民年金保険には保険料の免除・猶予制度というものが用意されています。

免除の申請が承認されれば保険料の支払いが一定の間ですが免除されるだけでなく将来年金を受け取るときに受給資格期間にも参入してもらえるという制度です。
各地方自治体によって変わってきたりする場合もあるようです、申請の際は確認をするよいでしょう。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。