健康保険の任意継続は有利か

会社の健康保険の加入期間が継続して2ヶ月以上で、会社を退職した翌日から健康保険20日以内でしたら退職した会社の健康保険を継続することが可能になります。
このことを任意継続と言います。

任意継続の手続きが終わればその後2年間は任意継続被保険者として退職後も変わらず健康保険に加入し続けられます。
ただし、退職翌日からの20日間を逃してしまうと一切手続きがでなくなるので注意しましょう。

会社に在籍しているときは保険料の半分を会社が負担してくれていました。
退職してしまい、任意継続という形で加入しているとその保険料は全額負担することになります。

保険料は倍になったのと同じ事になります。
国民健康保険の場合は所得が基準で保険料が変動します。

働いていた時の所得が基準で保険料が決まるので割高になってしまうことがあるの、
どちらの保険料が安くなるかを確認して、上手に安い方の健康保険を使うようにしましょう。

国民健康保険の保険料は最寄りの市町村などの地方自治体に電話して確認してみましょう。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。