国民年金保険の加入は

強制加入になっています。

年金保険に加入するしないの選択肢は無く、加入することが法律によって定められています。
現在の国民年金保険の保険料滞納は4割にまで上るとさえ言われています。

保険料滞納の多くは若年層で、年齢が高くなるにつれて納付率が高くなっています。
厚生年金の保険料は積み立てられているわけではありません。

保険料は給付を受けている高齢者の受け取る年金に充てられています。
将来確実に来ると言われている超少子高齢化社会のために年金の給付年齢が引き上げに給付金も切り下げ。

まして保険料は上がっているのですから国民年金保険の制度自体に対して国民が不信感をつのらせるのは当然の結果といえるでしょう。

全ての人は皆老いていく中で年金という制度に頼らないで生活をすることができる人がどれほどいるでしょうか?

一生暮らせるだけのお金を持っているのならまだしも、普通に生活していれば老後の生活が厳しくなることは簡単に予想できるのではないでしょうか。

免除制度などもあるのですから自分のためだけではなく、家族子供のためにも国民年金は払っておくべきではないでしょうか。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。